スマートフォンサイトを見る

  1. HOME
  2. 美術
  3. 絵画、彫刻、インスタレーション
  4. 山上渡

山上渡

美術

山上渡 [絵画、彫刻、インスタレーション]

wataru yamakami

推薦:ホクト文化ホール

このアーティストにコンタクトをとる

<活動歴>
個展
2001年
「個展」CASA DE BARRO(ペルー、クスコ)
2008年
「ウシロノショウメン」8 Link Studio(長野、大町)
2010年
「ニシへヒガシへ」<ヴィオパーク劇場>(長野、松本)
2011年
「エデン / Eden」Maki Fine Arts (東京)

グループ展
2001年
「二人展」Capilla de san bernardo(ペルー、クスコ)
2008年
「Group show 2008」8 Link Studio(長野、大町)
2009年
「越後妻有トリエンナーレ<かまぼこ画廊>」(新潟、まつだい)
「Group show 2009」8 Link Studio(長野、大町)
「岡本太郎現代芸術賞展」川崎市岡本太郎美術館
2010年
「湖畔の原始感覚美術展<麻倉>」(長野、大町)
「Japanese Inspired" Exhibit」Mendocino Art Center(USA,Mendocino)
「Globe show 2009」8 Link Studio(長野、大町)
2011年
「メタモルフォーシス」 八十二文化財団、ギャラリー 82(長野)
2012年
男茶(ダンディー)~ DESIGNTIDE>CHANOYUSIDE ~<新宿伊勢丹>(東京、新宿)  
NAGANO 新 CONCEPTUS<志賀高原ロマン美術館>(長野、山ノ内町)
ART SYNCHRONICITY『アート・シンクロ展』(東京、日本橋)
2013年
「諏訪まちじゅう芸術祭」真澄 (長野、諏訪)
2014年
「メタモルフォーシス」 八十二文化財団、ギャラリー 82(長野)
「ミッドタウンストリートミュージアム」ミッドタウン (東京)
「六本木アートナイト 2014」ミッドタウン (東京)

アートフェア
2010年
ULTRA003<スパイラルガーデン>(東京、青山)
2011年
AHAF(香港)

ワークショップ
2011年
一時画伯 『魔法の杖の物語』 <キャナルコート CODAN>(東京、東雲)
2012年
一時画伯 『魔法の石の物語』 <南三陸町立伊里前小学校>(宮城、南三陸町)

<受賞歴>
2008年 
トウキョウワンダーウォール入選
シンジュクアートインフィニティ入選
トウキョウワンダーシード入選
2009年
岡本太郎現代芸術賞 特別賞受賞
2010年
トウキョウワンダーシード入選
2013年
東京ミッドタウンアワード2013 準グランプリ、オーディエンス賞受賞

<長野県とのかかわり>
15歳まで長野市で育つ。現在長野市在住。

HP  www.wataruyamakami.jp  

≪Tokyo Atlas≫
320cm×400cm Mixed Media 2013 東京ミッドタウンアワード 2013 準グランプリ、オーディエンス賞受賞作品

≪ウシロノショウメン≫ 
487cm×487cm×5cm wood panel and Bamboo charcoal 2009 岡本太郎現代芸術賞 特別賞受賞作品

≪セカイノセカイ≫
97cm×194cm Acrylic and oil on canvas 2007

最近の活動

2015/10/23

「生命形態的形と増殖するドット」Biomorphic form and dot to grow

Biomorphic form and dot to grow 1455mm×1120mm 2015 s.jpg
Biomorphic form and dot to grow 1455mm×1120mm 2015

[会期]
2015年11月1日(日)‐8日(日)
11:00‐19:00 ※会期中無休
*オープニングレセプション
11月1日(日)18:00-20:00
[会場]
横川創苑
広島市西区横川町3-11-12
082-232-1337

これまで粘菌の増殖と変容をベースに、シャーマニズムや宇宙観を現してきた山上渡の広島での初個展。全て新作となる本展示では、ミクロレベルの世界と、群衆と社会情勢への視線をドットの再解釈とした新境地へと挑みます。また、かねてより広島での展示を希望しており、本展示から結びつく新たな絆が期待されます。

「生命形態的形と増殖するドット」展覧会テキスト.pdf

2014/11/14

THE MIRROR

http://the-mirror-ginza.com/reservation/

現在参加させていただいている展示「THE MIRROR」は好評につき会期延長を決定いたしました。

11月9日21:00に一旦閉館いたしますが、
11月14日(金)15日(土)16日(日)の3日間のみ特別開館いたします。
この機会に是非お越しください。

メイン会場4F以外でも2カ所のサテライト会場でも展示しています。
銀座グランドホテル
http://the-mirror-ginza.com/satellite/
デミルクス ビームス 銀座
http://the-mirror-ginza.com/satellite2/

2014/11/01

展覧会のご案内

Maki Fine Arts
金理有×山上渡「Magic Real」
2014年10月25日 - 11月16日
オープニング・レセプション:
10月25日(土) 19:00 - 21:00

Maki Fine Artsでは、10月25日(土)より、金理有と山上渡による二人展「Magic Real」を開催致します。

本展は、「現実世界はMagicalである」という、2名のアーティストをつなぐ共通のコンセプトを基に、企画されました。展覧会のタイトル「Magic Real」(マジック・リアリズム)とは、ラテンアメリカで生まれたとされる、主に文学と美術の表現動向です。「大地の魔術師展」(1989年、ポンピドーセンター)から四半世紀を経た今、新世代アーティストのスタンドポイントを示した展覧会です。

金理有は、1980年大阪生まれ。いま最も注目を集める若手陶芸家であり、「横浜トリエンナーレ2011」、「BASARA」展(2010年、スパイラルガーデン)、個展「宇宙的恐怖」(2013年、SNOW Contemporary)等、現代美術アーティストとしても高い評価を得ています。

山上渡は、1981年高知生まれ、長野在住。2014年にグループ展「THE MIRROR : Hold the mirror up to the nature」(名古屋商工会館/東京)に参加、個展「エデン」(2011年、Maki Fine Arts)など。「増殖と変容」、そこから生まれる結びつきをテーマとして、ペインティング、立体、インスタレーションを展開しています。

本展では金のセラミック作品、山上の新作ドローイング及びペインティングを展示します。現代と古代文明のハイブリット、ストリートカルチャーとシャーマニズムを融合させたような、幻覚と現実のどちらでもない「Magic Real」という不可思議な世界の輪郭を浮かび上がらせます。どうぞご高覧下さい。

協力:SNOW Contemporary

http://www.makifinearts.com/jp/exhibitions/magic_real.html

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

THE MIRROR

会  期:2014年10月16日 - 11月9日
会  場:銀座4丁目THE MIRROR館(名古屋商工会館)
参加作家:
浅葉克己、内田 繁、尾関幹人、アニッシュ・カプーア、枯山水サラウンディング、隈 研吾、フロリアン・クラール、小松宏誠、さわひらき、神馬啓佑、タムラサトル、土屋公雄、堂本右美、トラフ建築設計事務所、中西夏之、流 麻二果、名和晃平、西野 達、ローランド・ハーゲンバ−グ、畠山直哉、ニコラ ビュフ、藤森照信、フランシス真悟、ベー・ビヨンウ、松岡正剛、宮田彩加、森 万里子、山上 渡、李 禹煥、渡辺元佳

山上はメイン会場の他、サテライト会場の2カ所銀座グランドホテル、デミルクスビームス銀座にも作品を展示しております。そちらの方も合わせてご高覧ください。
銀座グランドホテル 
http://the-mirror-ginza.com/satellite/
デミルクスビームス銀座
http://the-mirror-ginza.com/satellite2/

入場料・時間・レクチャー等は、以下をご覧ください。
http://the-mirror-ginza.com/

美術
美術一覧
音楽
音楽一覧
演劇
演劇一覧
舞踊
舞踊一覧
その他
その他一覧