スマートフォンサイトを見る

  1. HOME
  2. 音楽
  3. 声楽(バリトン)
  4. 藤原直之

藤原直之

音楽

藤原直之 [声楽(バリトン)]

naoyuki fujiwara

推薦:ホクト文化ホール

このアーティストにコンタクトをとる

<略歴>
埼玉県さいたま市出身。
群馬大学教育学部英語専攻、東京芸術大学音楽学部声楽科を経て、同大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻修了。
2006年、モーツァルト作曲「コシ・ファン・トゥッテ」ドン・アルフォンソ役でオペラデビュー。
以降、オペラでは、モーツァルト作曲「フィガロの結婚」フィガロ役、「ドン・ジョヴァンニ」レポレッロ役、「魔笛」パパゲーノ役、ペルゴレージ作曲「奥様女中」ウベルト役、ロッシーニ作曲「セビリアの理髪師」ドン・バルトロ役、ドニゼッティ作曲「愛の妙薬」ドゥルカマーラ役、ビゼー作曲「カルメン」エスカミーリョ役、プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」ショナール役などで出演。
2009年より毎年、東京、地元・さいたま市、群馬県北軽井沢など各地で、自身のリサイタルを開催。
また、FM軽井沢「藤原直之のルオムな午後」「藤原直之のルオムな世界」(2013~2014年、2016年放送)で、番組企画、制作ならびにメインパーソナリティを務める。

2013年4月、オーストリア・ザルツブルクで、世界的ソプラノ歌手バーバラ・ボニー氏との出会いを経て、同年7月、フランス・プラランでの若手国際オペラ歌手のためのワークショップにて、国際的指揮者ファビオ・ルイージ氏(現ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場首席客演指揮者ならびにチューリヒ歌劇場音楽監督)と邂逅。
ルイージ氏の激励を受け、翌2014年3月より、ザルツブルクを拠点にヨーロッパでの音楽活動を展開。
2014年7月、アイルランド・ドニゴール芸術祭「ラ・ボエーム」(プッチーニ作曲)ショナール役で出演、ヨーロッパでのオペラデビューとなる。
2015年7月、ルイージ氏が音楽監督を務める、南イタリアのマルティナ・フランカ音楽祭「セビリアの理髪師」(ロッシーニ作曲)ドン・バルトロ役で出演、イタリアでのオペラデビューとなる。2016年1月には、プロダクション再演され、好評を博す。

<長野県とのかかわり>
中山晋平記念館(中野市)でのリサイタル開催(2012年9月)
FM軽井沢(軽井沢町)「藤原直之のルオムな午後」 「藤原直之のルオムな世界」
番組メインパーソナリティー(2013年2月~)


2015年7月 イタリア マルティナ・フランカ音楽祭
「セビリアの理髪師」ドン=バルトロ役で出演

2014年7月 アイルランド ドニゴール芸術祭
「ボエーム」ショナール役で出演
 

2016年8月 セイジ・オザワ松本フェスティヴァル
ファビオ・ルイージさんと

美術
美術一覧
音楽
音楽一覧
演劇
演劇一覧
舞踊
舞踊一覧
その他
その他一覧